デイトレーダーに興味のある方 

取引資金が足りなくても充分!レバレッジとは?


sdfs6d99FX取引においては、レバレッジ(leverage)という手法を用いてより多くの利益を生み出す方法が多用されています。レバレッジとは英語で「てこ」を表す言葉で、小さな力で大きな力を、つまり小さな資金で大きな資金を動かそうという手法です。

具体的にどのような手法かと言うと、レバレッジを行っている業者に「証拠金」、つまり保証金を渡し、その金額の何倍もの通貨を買うという投資です。株式取引における信用取引に似た制度と考えると分かりやすいでしょう。

例えば株式信用取引で1株10,000円の株式を1,000株で買ったとします。通常の取引においては10,000円×1,000株で10,000,000円が必要となりますが、信用取引の場合はその購入金額の全額を支払うのではなく、売買金額の一定の割合を「証拠金」として預けることで取引が可能になります。

XEMarketsにあるようなFX取引でのレバレッジも、購入金額のうち一定の割合を「証拠金」として業者へ預ける事で、手持ちの取引金額よりもはるかに高い金額で外貨の購入が可能となります。例えば、100万の外貨の購入を行う場合に1万の外貨を「証拠金」として業者へ預けることで、その何倍もの外貨を購入する事が出来るようになります。1万の外貨を「証拠金」として業者へ預け入れて10万の外貨を購入した際、レバレッジは10倍、という表現をします。

レバレッジにおける利益はどのように計算するかを考えてみましょう。例えば、1US$=100円のレートの場合、10万円の「証拠金」を業者に預け入れ、1万の通貨、すなわち1万US$を100万円で購入したとします。その後円安が進行し、1US$=110円のレートになったとすると、1万$は110万円として計算されますので、10万円の利益が出たことになります。

レバレッジを用いた場合、決済方法は差金決済と呼ばれる方法で決済されることになります。先ほどの事例で言うと、投資家が購入額の100万円が110万円の価値を持つ状態になった際に、その外貨を売却して110万円−100万円の10万円を利益として受け取って決済することになります。つまり、売りと買いの差額の授受で決済する手法が差金決済です。

レバレッジを用いなかった場合は10万円以上の現金を用立てする必要がありますが、レバレッジを用いると、10万円の資金で10倍の資金を取引する事が可能となるのです。前述の通り、小さな力で大きな力を動かすという「てこ」の原理そのものの効果があると言えるでしょう。ただし、逆に円高の傾向が続いた場合は損失も当然大きくなります。レバレッジ取引はハイリスク・ハイリターン、利益も大きくなるが損失も大きくなる諸刃の剣と言えるでしょう。

レバレッジを取り扱う業者はプロの投資家で4~200倍程度、副業のFX投資家で10倍程度の倍率で取引を行っています。レバレッジを10倍にすると、スワップポイントも同様に10倍になります。スワップポイントとは金利差調整分とも呼ばれ、異なる通貨の取り引きを行う際にその金利差から生まれる差額のことです。初心者がハイリスク・ハイリターンのレバレッジ取引を行う際には、識者は2~3倍の低倍率から始める事を推奨しています。




                     
                  sdf888