デイトレーダーに興味のある方 

通貨とその金利について


世界中の国々で使用されている通貨には、それぞれ金利というものが設定されており、この金利は、FX取引をはじめ、外貨貯金などの様々な投資取引を行う上で重要なものとなっています。

通貨の価値は、それを発行する国や地域の経済的安定であるとか、近隣諸国との関係性であるとか、様々な要因で上下動を繰り返しており、基本的には人気のある通貨が買われて価値が上がり、人気のない通貨が売られて価値が下がるという傾向があります。

こうした人気になる要素の一つに、通貨の金利があります。金利が高い通貨はその通貨を保持していることで高い金利を受け取れるので人気が集まり、金利が低い通貨は低い金利しか受け取れないのであまり人気を集められません。
こうした事で、高い通貨には人気が集まって買われるため、価値が上がることになります。

為替相場は様々な状況が複雑に絡みあって動いていますので、こうした金利に関わるレート変動なども、その通りに進まないこともあります。

日本の貿易が盛んだったころに、その貿易収支が大幅な黒字になった事がありました。
こうした場合には、いつも通りであれば、その貿易で得た米ドルを日本国内で使える利益にするため、収益を上げた企業などが円を買っていくために、円高になるはずでした。
しかしながら、実際の為替相場は円高ではなく円安の方向へと進んでいったのです。

この逆転現象ともいえる為替相場の舞台裏には、実は、金利の持つ力が左右していました。

通貨の金利を最も身近に体験するのは、銀行の利息です。銀行にお金を預けておけば、利息が付いてそれだけで資産が増えていきます。
金利の極端に低い日本の銀行では、もちろん利益と呼べるほどの金額になりませんが、金利の高い通貨、利息の高い銀行、つまり日本ではない、国の通貨を円で買って、海外の銀行に預けることで、その恩恵である金利と利息をしっかりと受けることができ、こうした事を目的とした資産運用方法である金融商品が、外貨貯金になります。

これをさらに進めたものに、キャリートレードという取引手法があり、これは金利の低い国の通貨を借り受け、それを売ってより金利の高い通貨や金融商品に投資をすることで、さらに大きな利益を得ようというものになります。

こうした取引手法は、一般の投資家から資金を集めて基金化し、その基金をもとにプロの投資家が資産運用をして利益還元を行う、ヘッジファンドと呼ばれる物にもよく用いられます。
ヘッジファンドを司るプロの投資家はファンドマネージャーと呼ばれ、ファンドマネージャーは様々な投資手法を用いて利益を作りだし、それを顧客に還元してすることを目的としているため、個人投資家とは比べものにならないほどの資金を使って取引きを行うため、一時的に為替レートの動きを変えることもあります。

先の貿易黒字の逆転現象は、こうしたヘッジファンドなども含め、金利の安かった日本の円を借りて売り払い、金利の高い諸外国の通貨をどんどんと買っていくという現象が起きたためで、これにより、本来は貿易黒字から円高になるはずの相場が、どんどんと円安になっていってしまうという現象が起きたのです。

通貨の金利は時として為替相場の傾向ですら変えていく力を持っていますが、金利が高すぎることにより、逆に不安をあおってしまい、通貨が不人気になる事もあります。

近年では、欧州危機の際のユーロがその一例になると思います。
ギリシャの経済不振に端を欲した一連の欧州危機では、低迷をした経済を立て直そうと各国で金利を上げてその回復を図ろうとしましたが、これが逆に経済状況の不安定さを露呈しているのではないかという不安感をあおり、多くの投資家が警戒をして、逆にユーロが売られてしまう結果となりました。

こうした事から為替相場を読み解いていく為には、こうした通貨の金利にも注目をし、外国為替市場のレートの変動を読み解いていくことが必要となるのです。





                     
                  sdf888