デイトレーダーに興味のある方 

初心者でも一儲け?為替レートで一発逆転!


sdfsdd899FXとは『margin Foreing eXchande trading』 の略語です。日本語では『外国為替証拠金取引』。(FX外資は、外国のブローカーを利用したFX取引のことです。)さて、ここからはFXの仕組みをご紹介いたしましょう。

FXとは諸外国の通貨レートの差額により利益を生み出す、単純ながら夢のある取引です。『金利差で利益を生む方法』と『円高・円安の状態をみながら利益を生む方法』のがFXの2本柱で現在では、金利の低いの日本円と諸外国の貨幣の金利の差を活用しながら外貨購入を始めると、リスクが低くなくなります。金利差で利潤を生み出すのが、FXアマチュアの方にはおすすめです。

それでは『金利差で利潤を得る方法』とは、どのようなものなのでしょう。簡単にご説明します。例えば、日本円を売ってオーストラリア$を買ったとしますね。日本の金利が0.1%、オーストラリア$の金利が約4.8%ですから約4.7%の差額が発生します。金利の低い日本円でオーストラリア$を購入するだけで、利益が生まれるというわけです。このような2国間の金利差を『スワップポイント』あるいは『スワップ金利』といいます。

US$が1$100円の時に100$を購入すれば、1$110円になった時には1,000円の利益が生じます。当然、逆の場合は1,000円の損失となるのです。このような売買方法で利潤を生みだすことが、FXで儲ける基本の考え方なのです。

日本円の金利は低い状態が続いており、金利差で利潤を生み出す方法は、暫くは堅実な手法と言えましょう。2国間の金利差をスワップポイントと、またはスワップ金利と言います。

円高・円安の機会を待って利潤を生み出す方法は、例えばUS$が1$100円の時に、100$(1万円)を購入します。円安傾向になり1$110円になった時に、購入した100$は1万1,000円に相当するので、1,000円の利益が生じます。

逆に円高傾向が続き1$90円になってしまったら、手持ちの100$は9,000円になり、1,000円の損失を計上します。このように2国間の通貨の売買により、為替レートの差額により利潤を生みだすのがFXの基本的な仕組みです。




                     
                  sdf888